Moxino

Moxino

SAGOがフォルムデザイン、木工加工、塗装を担当し、
SONICがピックアップ・サーキット製作、
アッセンブリー、セットアップを担当しました。

Finish:SAGOの得意とするラップ塗装やイラストにガラスフレークを使用するなど独自のコンビネーションで個性を演出しています。
Body:木材を無酸素状態で200度の高熱処理をさせることにより、人工的に経年変化を与えることができるサーモ処理を施した“サーモアルダー”を使用しました。この処理によってよりバランスの良いワイドレンジなサウンドを得ることができます。
Finger Bord:新素材“Rocklite”は木材資源の枯渇を見据え、ギター/ベースの指板材ように開発されたエボニーライクな風合いを持つ人工材です。引例加工や使用過程におけるフレット交換にも対応しています。

Tremolo Unit:Sonicオリジナルトレモロ
Stable-Tune Tremolo Kitを採用しています(詳しくはコチラ
Nut:米国Earvana社製のCompensated Tuning Systemナットを採用しています。弦を押さえることによって生じるチューニングのズレをナット側で補正します。その結果ブリッジサドルは直線的に並ぶようになり、すべてのポジションでの音程感がより自然になります。
Peg:日本が世界に誇るゴトーの最上級モデルSGS510のMG-T(Magnum Lock Trad)を採用しました。トラディショナルなヘッド裏のノブで弦をロックするタイプは新しい弦を張った直後のチューニングの不安定さも軽減します。

Circuit:操作性の良い1ヴォリューム1トーンのコントロールに3シングルコイルでありながらHSHレイアウトのように使用できるターボスイッチを装備しています。ターボオン時にはネック&ミドルまたはミドルとブリッジのPUがそれぞれハムバッカーとして機能します。
ターボのオン/オフに関わらず、すべてのポジションでノイズキャンセルシステムは働きます。
Pick Up:’60sストラトキャスターのリファインモデルとして定評あるJupiter LST-01をXimeraのノイズキャンセルシステム用にカスタマイズしました。極めてノイズの少ないネオヴィンテージなサウンドです。

PAGE TOP